買取のご相談はこちら!

0120-012-22910:00~18:00(年中無休)

LINE査定はこちら

CLOSE
COLUMN
コラム
2022/09/10
ゲーム コラム

PS5とXbox Series X/Sを徹底比較!

PS5とXbox Series X/Sを徹底比較!

この記事の目次

PS5とXbox Series X/Sのどちらを買うべきか悩んでいる方向けに、それぞれの機種が持つスペックやサービスなどを徹底比較しました。

2020年の11月、ほぼ同時期に発売したPS5とXbox Series X/Sですが、有名タイトルであれば遊べるゲーム作品の共通も多いことから、ここにきてどちらのゲーム機本体を購入すべきか迷い始めている方も多いのではないでしょうか。

いずれも買えないことが多く抽選販売が行われたりもしていますが、いざ手に入りそうになった時のためにどちらを購入するか今から比較して決めておきましょう!

宅配買取

PS5とXbox Series X/Sの基本情報

Xbox4

まずはPS5とXbox Series X/Sそれぞれの基本情報からご紹介。いずれも2種類のゲーム機本体を発売しています。

PS5は「通常」と「デジタル・エディション」、Xboxは「Series X」と「Series S」です。

PS5 通常

発売日:2020年11月12日
税込価格:60,478円
同梱物:PS5本体、DualSense ワイヤレスコントローラー、DualSense ワイヤレスコントローラー用の充電ケーブル、HDMIケーブル、電源コード、ベース、ガイド
外形寸法:390×104×260mm
重量:約4.5kg

ストレージ:825GB
解像度:4K、8K、VRR
描画性能:最大120fps レイトレーシング
光学ドライブ:Ultra HD Blu-ray、Blu-ray Disc、DVD

PS5 デジタル・エディション

発売日:2020年11月12日
税込価格:49,478円
同梱物:PS5本体、DualSense ワイヤレスコントローラー、DualSense ワイヤレスコントローラー用の充電ケーブル、HDMIケーブル、電源コード、ベース、ガイド
外形寸法:390×92mm×260mm
重量:約3.9kg

ストレージ:825GB
解像度:4K、8K、VRR
描画性能:最大120fps レイトレーシング
光学ドライブ:非対応

Xbox Series X

発売日:2020年11月10日
税込価格:54,978円
同梱物:Xbox Series X本体、Xbox ワイヤレス コントローラー、超高速HDMIケーブル
外形寸法:151mm x 151mm x 301mm
重量:約4.45kg

ストレージ:1TB
解像度:8K/4K
描画性能:最大120fps DirectXレイトレーシング
光学ドライブ:Ultra HD Blu-ray、DVD

Xbox Series S

発売日:2020年11月10日
税込価格:32,978円
同梱物:Xbox Series S本体、Xbox ワイヤレス コントローラー、高速HDMIケーブル
外形寸法:65mm x 151mm x 275mm
重量:約1.93kg

ストレージ:512GB
解像度:1440p
描画性能:最大120fps DirectXレイトレーシング
光学ドライブ:非搭載

宅配買取

ゲーム機本体の比較

Xbox6

PS5とXbox Series X/S、それぞれが展開するゲーム機本体を比較して解説していきます。

大きさや厚み

まずはパッと見ただけでもわかりやすいのが本体の大きさ。PS5とXbox Series X/Sどちらも2種類の本体の大きさが異なるという点では特徴が似ています。

これは光学ドライブが搭載されているかどうかという重要な点がボディの厚みに影響しています。

いずれも厚みがある方の高さを比較すると「PS5」が390mm、「Xbox Series X」が301mmと約90mm近くもPS5の方が高さがあることになります。

厚みがあるモデルの厚みそのものを比較すると、「PS5」が104mm、「Xbox Series X」が151mmと、Xbox Series Xの方が約50mm弱分厚いことになるので、いずれにしても限られたスペースに収めてしまいたいと考えているようであれば、サイズの検討は必要です。

逆に極力コンパクトに収めたいと考えているようであれば、「Xbox Series S」が最も小さく薄いので、こちらを選ぶといいでしょう。

デザイン

ゲームをプレイするにあたり本体のデザインを重視するかどうかは人によりますが、今回初めてPlayStationシリーズやXboxシリーズを購入するという方であれば、デジタルダウンロード式のコンパクトな本体を購入する機会にもなるはずです。

「PS5」はブラックとホワイトの両方を取り入れた独自のデザイン、「Xbox Series X/S」に関してはそれぞれカラーが異なり、Series Xはブラック、Series Sはホワイトでこちらは箱のような角型です。

また、「PS5」に関しては立てて収納しようと思うとベース(スタンド)に設置して立てる必要があるということも視野に入れ、見た目を比較して決めるといいでしょう。これは余談ですが、PS5のゲーム機本体は2021年10月20日にグッドデザイン賞を受賞しています。

価格

初期費用として本体の価格はあまり気にしないという方であれば、スペックやサービス内容などを比較して決めるといいですが、やはり価格が気になるという方は比較しておきたいところ。

「PS5通常モデル」が60,478円、「PS5デジタル・エディション」が49,478円。
「Xbox Series X(ドライブあり)」が54,978円、「Xbox Series S(ダウンロード)」が32,978円です。

ここで注意しておかなければならないのが、PS5はディスクに対応したモデル「デジタル・エディション」の方が低価格ですが、Xbox Seriesはディスクに対応したモデル「Xbox Series X」の方が高価格という点です。

比較時点で思い込んでいると買い間違える可能性もあるため、購入時にはディスクに対応しているか、ダウンロードタイプかどうかということを再度チェックしておくことをおすすめします。

光学ドライブの有無

上記の価格項目でもご紹介した通り、光学ドライブの有無はかなり大きな決め手となります。

ゲーム作品はダウンロードのみで遊んでいくか、もしくはディスク(パッケージ版)を購入して遊んでいくのか。

光学ドライブが搭載された本体の場合、PS5とXbox、どちらもゲームプレイに加え、DVDやBlu-rayをディスクで持っている場合はそれらの視聴が可能になります。

これからはダウンロードやサブスクのみでスマートに楽しみたいと考えるのか、もしくは手持ちのディスクが再生できる機器を兼ねたいのかで決めるといいでしょう。

宅配買取

ゲームをプレイするにあたっての比較

Xbox7

サービス内容、それぞれの特性、互換性のことなどについてプレイにまつわるあらゆる比較内容をご紹介。

サービス内容の比較

「PS5」と「Xbox Series X/S」はそれぞれサブスクリプションに対応しています。
その中でも注目されるのは、無料で遊べるゲームがどれくらいあるかという点。

Play Station Plusは最大プラン「プレミアム」が月額1,550円で200本以上のフリープレイゲームがあり、Xbox Liveの最大プランに関しても「Xbox Game Pass ULTIMATE」が月額1,550円で100本以上のフリープレイゲームがあります。

ですがXboxはフリープレイのゲーム以上に遊び放題のゲームの内容が濃いと言われています。

ファーストパーティーのタイトル(HaloシリーズやForzaシリーズ)などは発売日初日からプレイ可能、Windows 10 PCでも対象タイトルが遊び放題、毎月追加されるゲームはインディーゲームも多いので、掘り出し物感覚で常に色々な新しいゲームを楽しんでみたい方には特にXboxがおすすめです。

PCでゲームをプレイしたことはなかったという方も、この機会にPCでプレイしてみるのも新鮮で新たな発見があるかもしれません。

グラフィックや性能

CPUはPS5、Xbox Seriesいずれも新CPUコア「Zen 2」(8コア)でAMD最新アーキテクチャを採用したCPUが採用されています。

ストレージに関してもSSDを搭載、映像出力も4K、8K対応と全体的に同じくらいのスペックを備え、グラフィックや性能には大差がないと考えていいでしょう。

※4Kや8Kは今使っているテレビがそれらの画質に対応しているものでなければ高画質出力を発揮しません

コントローラーの使い勝手と互換性

「PS5」では前モデルであるPS4のコントローラーを使うことはできませんが、「Xbox Series X/S」は前モデルXbox Oneのコントローラーと互換性があります。

色々なことに気を取られつつも、やはり最後にゲームを長く楽しめるかどうかは操作性で決まるという方であれば、コントローラーの使い勝手をひとつの決断にしてもいいのではないでしょうか。

特にFPSやTPSのような、機敏な動きがプレイの勝敗を決めるようなジャンルを好んでいるようであれば、使い慣れたコントローラーが使える本体を選んでおくと安心です。

PS5に関しては今回のモデルで仕様を一新しており、「ハプティックフィードバック」という触覚によるフィードバックを搭載し、ただ単にボタンが振動するのではなく武器の種類などにより強弱するような再現が取り込まれました。

過去作との互換性

「PS5」では前モデルPS4のゲームタイトルを遊ぶことができ、「Xbox Series X/S」でも変わらず今まで販売されてきたXbox用のタイトルを遊ぶことができます。

同じシリーズの本体を選ぶようであれば引き続き前のゲームも遊ぶことができるということも頭の片隅に置いておくと、他のシリーズに移るかどうするかを決めることができるかもしれません。

「PS5」の場合はPS4で気に入っているタイトルをPS5本体で操作すると、高画質且つヌルヌルと動いて快適で楽しいというパターンがあり、同様にXboxのソフトを持っているという方も、後方互換のゲームの画質が綺麗になる機能があるため、気になるようであればぜひこれらの新感覚もお楽しみください。

宅配買取

Xboxを売る方法

Xboxも新シリーズが発売され、「今まで使っていたXboxを売りに出したい!」と思われる方も多いはず。

そんな方はお宝創庫へ買取に出すのがオススメ!
お宝創庫では専任の買取スタッフが丁寧に査定!

まずは実際にいくらで売れるか、LINEを使ってチェック!

簡単ライン査定 

写真と簡単な情報を送るだけでOK!
査定金額に納得できたら、いざ買取へ!

【全国対応/宅配買取】

宅配買取

ダンボールに詰めて送るだけ!
送料などの負担はかかりません!
買取方法に迷ったら宅配買取がオススメ!

【愛知県内全域/出張買取】

出張買取 

愛知県内であればどこでもOK!
出張費用などもかかりません!
たくさん買取に出したい方にピッタリ!

【店頭買取】

店頭買取 

その場で査定から買取まで対応!
スピード買取なら店頭がオススメ!

Xboxの買取ならお宝創庫がオススメ!
ご利用お待ちしています!

まとめ

今回はXboxとはどんなゲームかについて紹介しました。
今後もゲームに関する記事を投稿予定ですので、楽しみにお待ち下さい。

お宝創庫では対象のゲームソフトを売った本数に応じて、買取金額がUPする時ャンペーンを実施中!
ぜひこのお得な機会にお宝創庫をご利用ください!

▼キャンペーンの詳細はコチラ

ゲーム DVD・ブルーレイ 美少女PCゲーム まとめて売ると買取金額アップ!

お宝創庫ではオンラインストアでの販売も実施中!
ほしかったゲームも、お宝創庫オンラインストアでお得に購入できるかも!
ぜひこの機会に、お宝創庫オンラインストアもチェックしてください!

▶お宝創庫オンラインストア

▼お宝創庫公式Twitter

▼お宝創庫公式You Tubeチャンネル

宅配買取
コラム監修 森田 隼

コラム監修者 森田 隼

1993年7月愛知県豊橋市生まれ。2016年中京大学経済学部経済学科卒業。大手求人広告会社の経験を得てフリーライターとして独立。 2022年株式会社カジ・コーポレーション入社。 「お宝創庫」「エコツール」「おたプラ!」のコラム執筆・監修に従事している。

好きな食べ物:すき焼き、オムライス、ラーメン
趣味:水泳、ゴルフ、映画鑑賞
はまっているもの:野球観戦